Q.当社には関連会社への出向や転籍があります。最近上司から、単なる異動のように転籍を打診されました。そのうえ何度も呼び出され、転籍を迫る面接を受けています。正直、他社に行くのは不安で、何とか断りたいと思っています。命令として転籍を受けないといけないのでしょうか。

 出向や転籍は他社に行くことになります。しかし、自社での身分や人間関係、仕事内容とは天と地ほどの差がある場合があり、不安に思うのは当然かもしれません。

 出向は人事交流やスキルアップなどの目的があり、自社に戻って来るのが前提です。これに対して転籍は、自社に戻って来ることは通常ありません。余剰人員の調整(リストラ)などで行われる場合もあります。

出向と転籍の大きな違いは?

 出向と転籍の一番大きな違いは、自社(入社した会社)との雇用関係が継続するか否かです。出向は自社に在籍したままなので、勤務先が変わっても自社との雇用関係が同じです。出向のことを在籍出向と言うのは、在籍のまま他社で勤務するからです。

 しかし転籍は違います。自社を退職して新たな会社に勤務することになります。これが一番大きな違いです。

 出向については、出向元・出向先の会社間で出向契約書を交わしてルールを決めます。会社が違えば、始業・終業時刻の相違など勤務ルールが異なります。通常、出向先の会社での勤務ルールになります。そうでなければ、同僚らの中で出向者だけ勤務時間が長い、あるいは短いといった状況になり、 労務管理上よくありません。このほか、給与や社会保険料など人件費の負担割合についても決めることになります。

 転籍は、新しい会社に入社することになります。そのため再就職したと考えると分かりやすいでしょう。つまり、新しい会社(転籍先)の雇用条件が適用されることになります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら