ドリーム・アーツは、グループウエア「INSUITE」などの業務用ソフトウエアを自社で開発する企業。従来からの開発拠点「広島ラボ」を拡大して、広島市内のビルに第2本社を開設した。今後は国内最先端の研究機関・ソフトウエア工場として、機能や人材を拡充していく計画だ。

オフィスの入口では、木材でできた落ち着いた雰囲気のロゴとINSUITEのマスコット「POPY」のぬいぐるみが出迎えてくれる。
(写真撮影:橋本 真宏、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ドリーム・アーツは2016年12月、広島に第2本社を開設した。目的の一つは、首都圏では年々困難になっている、IT人材を採用すること。U・I・Jターン希望者の受け皿になることも、狙いの1つのようだ。

 オフィスは「おりづるタワー」という名称のビルの6階にあり、窓からベランダに出ると、平和記念公園の緑と世界遺産の原爆ドームが目の前に見える。面積は707平方メートルあり、人数が少ないこともあって広々としている。以前のオフィスは、4分の1程度の広さだったという。

 社員は、東京、沖縄、中国・大連などにあるグループ全体で約280人で、広島には24人が在籍している。採用活動は、東京本社主導で実施しており、配属や勤務地は社員の希望を考慮したうえで適材適所で決定する。

オフィスからベランダに出ると平和公園と原爆ドームが目に入る。
[画像のクリックで拡大表示]

 ドリーム・アーツの事業は、自社独自製品の開発・提供が中心ということもあって、優秀なエンジニアの採用意欲は高い。同社の吉村厚司上席理事・広島拠点統括、新規事業・パートナー戦略担当は、「人数の目標はないが、優秀なエンジニアが50人くらい集まってくれば、相当いろいろなことができる。ここで働く社員を50人以上100人に近いレベルに何とか持っていって、強力なITサービスを広島から提供したい」と抱負を語る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら