1階の社員食堂は、ランチタイムに一般にも開放している。毎日合計50人から80人の利用があるという。夜も予約すれば利用可能だ。「交流を深めることで地域に溶け込み、知名度を向上させる狙いがある。積極的に地元人材の採用を続けていきたい」と管理本部人事部の久保満子副部長は説明する。婚活パーティー会場として、定期的に社屋を提供してもいる。

1階の社員食堂「くおり亭」には誰でも入れる。540円の日替わりランチを食べに来る一般の人も多い。
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィスは1階と2階にあり、入れるのは原則として社員のみ。フリーアドレス制で会社貸与のPCで仕事をする。座席の固定化を防ぐため、毎日違う場所で仕事をするルールがある。基本的にペーパーレスで、データはサーバーやクラウドに保存。社内に複合機は1台しかない。

南国の太陽がさんさんと降り注ぐ窓辺の席。フリーアドレス制を採用している。
[画像のクリックで拡大表示]
休憩やミーティングに使うスペース「モノリス」。冬場はこたつに変身。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は最近、ドローン関連業務にも力を入れている。上空から25カ国語で明瞭な音声アナウンスを届け、避難誘導や人命救助に役立つ防災用「AIアナウンサードローン」は、見本市で賞を受けた。宿泊付きのドローンのパイロット養成講座を2017年5月から開催しており、これまで100人を越える卒業生を送り出している。また、本社のある白浜町、近隣の上富田町の2つの自治体とは防災協定を結んでいる。

宿泊用に10部屋を用意。Airbnbを通じて予約できる。同社主催のドローン講座参加者も宿泊する。
[画像のクリックで拡大表示]
出典:IT業界徹底研究 就職ガイド、2020年版 pp.46-47 「社屋を一般公開し地域に溶け込む」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。