9階のテーマは「THE STUDIO」(日本語では町屋)だ。これは執務スペースを生活空間に近い内装にし、衣食住を共にするほどの情熱でサービスを創出するという思いを込めたもの。セキュリティが確保された、顧客専用のスペースも設けている。固定電話をデスクに設置しておらず、社員は基本的にスカイプフォンを使う。

9階のおしゃれな提灯。漆黒に塗られた本体に白抜きで文字が入っている。
[画像のクリックで拡大表示]
9階のカフェスペース「PAUSE Cafe」。マグカップを持参すればコーヒーやカフェラテなどのドリンクが無料で飲める。
[画像のクリックで拡大表示]
9階のフリースペース。ここで仕事をする社員も多い。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、新卒入社でも、デザイナーやデータサイエンティストなど特殊技能を持つ社員ならば、「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」に配属される可能性があるという。

 「様々な領域の専門家が集まっているので、スキルアップをしたい人にとっては刺激があるし、自身の才能を発揮できる場でもある。ここに配属された社員からは『仕事が楽しくなった』という声が寄せられている」と保科氏は言う。

出典:IT業界徹底研究 就職ガイド、2020年版 pp.40-41を改題 「都心にオープンイノベーションの拠点、顧客企業も入居」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。