手のひらサイズのPCボード「Raspberry Pi 3(ラズパイ3)」は、4000円台ながらクアッドコアCPUと1Gバイト容量のメモリーを備える価格性能比の高さが人気です。そのラズパイ3を軽量なLinuxデスクトップ機として使えるのが、フランス発のLinux OSである「Daylight Linux」です。

「Daylight Linux」のデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 Daylight Linuxは、ラズパイの公式OS「Raspbian」を軽量化したLinuxディストリビューションです。メモリーの消費量を左右するデスクトップ環境を、必要最小限の機能に絞った「Fluxbox」に置き換えています。起動直後の消費メモリーは100Mバイトに満たず、比較的軽快に動作します。

Daylight Linuxをインストール

 Daylight Linuxをインストールするには、まず公式サイトにアクセスし、「Daylight Linux V2 - Raspberry Pi 3」にある「Download Raspberry Pi version 2.0.1」のリンクからOSのイメージファイル「DaylightLinux201RPI.img」をダウンロードします。

ラズパイ向けDaylight Linuxのダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。展開すると「9pi.img」ファイルが取り出せます。このファイルを「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

Daylight LinuxのイメージファイルをmicroSDカードに書き込み