ラズパイをPiServerでネットワークブート

 ラズパイをPiServerのあるネットワークで起動すると、ネットワーク経由でブートし始めます。しばらくすると、ログイン画面が表示されます。ここでPiServerで作成したユーザーアカウントを使ってログインしてください。

PiServerからOSイメージを取得して起動すると、ログイン画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 ログインすると、PiServerで指定したOSイメージのデスクトップやコンソールを利用できます。

ネットワークブートしたRaspbianのデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 ラズパイにはPiServerのディレクトリーがマウントされるので、PiServerやネットワークに障害が起こると当然ラズパイも利用できなくなります。「microSD不要」というPiServerの特徴がメリットになるように、ネットワークに不安のない環境で利用するようにしましょう。