仕事で多忙な日々を過ごしながら、3人の子育てもしている秋田氏。子供に付き合って一から始めた空手に熱中している。週末は外に撮影に出かけ、自社製品を使って写真編集もしているという。

(聞き手は戸川 尚樹=日経 xTECH、編集は八木 玲子=日経 xTECH)

アドビでのお仕事は、いかがですか。

アドビ システムズ マーケティング本部 常務執行役員 秋田夏実氏
(撮影:菊池 くらげ)
[画像のクリックで拡大表示]

 好きな製品のマーケティングをできるのはとても楽しいことです。先ほどもお話ししたように個人で当社のツールをいろいろと使っていましたし、金融時代も仕事でアドビ製品を利用していました。マーケティングを支援する「Experience Cloud」です。ユーザートレーニングを受けに、本社に来ていたこともあります。

 私は金融時代から、「自分がプロモーションするものは、好きなものじゃなきゃいけない」というポリシーを持っていました。銀行のときも、自社の商品は可能な限り買うようにしていました。宣伝コピー一つとっても、実際に買ってみないと書けません。買っていない人が書く宣伝コピーって薄っぺらいし、ウソになるんですよね。

 だから今は、自社製品を使い込んでいます。「Photoshop」ももっといろんな使い方ができるんだろうと思って、デジタル一眼レフカメラを買って、望遠レンズも買って、毎週末、撮影散歩をしています(笑)。撮ってきたものを一生懸命加工して、「新機能を使えばこんなことができるんだ、すごいじゃん」と。自社製品を趣味で使う人の立ち位置でいろいろ試してみると、いろんな驚きがあります。

愛用のカメラ
(提供:秋田 夏実氏、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

そんな多忙な中、子育てもされているそうですね。

 中学1年生、4歳、1歳の3人の子供がいますが、ちゃんとやっていますよ。シッターさんなど外部の力も借りています。夕方、子供を保育園に迎えに行ってもらって、私が用意しておいた夕食を食べさせてもらう、といったことをお願いしています。

 私も、19時までにはオフィスを出るように心がけています。夜の会食もありますが、そういうときはシッターさんに時間の延長をお願いしつつ、私も会食の時間を早めていただいたり、早めに失礼したりと調整しています。夫とも時間を調整して、役割分担しています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら