韓国サムスンディスプレー(Samsung Display)は2019年10月に、忠清南道牙山市(Asan)の工場で「ディスプレー新規投資および契約式」を開催した。2025年までに次世代ディスプレーに13兆1000億韓国ウォン(約1兆2000億円)を投資する計画を発表し、装置・部材メーカーと協業に関する契約を交わした。工場投資は10兆韓国ウォン、残りが研究開発費のようだ。次世代ディスプレーとは、主にQD(量子ドット)-OLED(有機EL)を指すとみられる。

 式典に出席した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「2018年のOLED市場は232億米ドルであったが、2024年には2倍の規模に成長する。韓国政府は今後7年間、次世代ディスプレーの研究開発関連に4000億韓国ウォンの支援を行う」と述べた。

大型分野でもOLED化が加速

 今回のイベントは、中小型に加えて、大型分野でもLCD(液晶ディスプレー)からOLEDへの転換の進展加速を示唆する象徴的なものであった。大型分野のOLEDでは、韓国LGディスプレー(LG Display)が孤軍奮闘している。これにサムスンディスプレーが加わることにより、現在OLEDをテレビに採用していない韓国サムスン電子(Samsung Electronics)や中国TCL集団が採用する可能性が高まる。他のブランドにとっても、OLED調達の選択肢が増える。2022年に向け、ハイエンドのテレビとモニターはOLEDという流れになっていくだろう。

 中長期的には中国勢も第10.5世代工場のうちの1つを、OLEDに切り替えていく可能性を指摘できるだろう。中国・華星光電(CSOT)は既に第6世代や第8世代でインクジェット方式のOLED工場の建設を計画している。中国勢は技術力で韓国勢に劣るため、日本のJOLEDなど同業他社や装置・部材メーカーとの連携が、大型分野でのOLED化加速のカギを握る。

 このほか、大型向けではなく中型向けであるが、台湾AU Optronics(AUO)が新竹に第3.5世代のインクジェットOLEDテストラインを既に導入しており、今後第6世代や第8世代の量産ライン投資の可能性がある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら