「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)では、大手電機メーカーの展示がやや地味に感じられる一方で、初参加のANAホールディングスが旅行の疑似体験をできるサービスを紹介していたり、住宅・建設関連や金融機関の展示が見られたりするなど、展示内容は多様化している印象を受けた。

2019年のCEATECの開催テーマは「つながる社会、共創する未来」
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 CEATECに足を運んだのは、第5世代移動通信システム(5G)関連の展示を見るためだ。5Gの普及とともに期待されるサービスとしては、遠隔医療や自動運転、AR/VR、4K/8Kストリーミング、スマートシティー、スマートファクトリーなどが挙げられる。

 自動車関連では、ソフトバンクグループのSBドライブの協力で自動運転バスの実証実験が見られたほか、ニチコンのEV給電ソリューションやJapanTaxiによるサービスの紹介などがあった。一方で自動車メーカーや系列色の強いティア1の展示は見られなかった。独立色の強いティア1が様々なCASE関連技術を展示していたのとは対照的だった。

 AR/VR関連は比較的多くの展示があった。特に実体験のできるKDDIブースには行列ができていた。デモ自体はゲームやアミューズメント色の強い内容のものが多いようだが、AR/VRの今後の実用としては、疑似体験を交えた社員や技術者のトレーニングへの活用が期待されている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら