閉じる

テクノ大喜利

日経 xTECH

目次

  • SiCでの日本企業は世界のトップから3年遅れ、世界の顧客を逃さない施策が急務

    [奇貨SiC、日本に居くべし]東海東京調査センター 石野雅彦氏

     SiCでの競争力を日本の半導体産業が死守するための方策を議論している今回のテクノ大喜利、5番目の回答者は東海東京調査センターの石野雅彦氏である。同氏は、投資戦略などを精査し、世界の競合に対する日本企業の現在地を語った。

  • SiCは材料技術の強みが生かせる、チップ部品での日本企業の成功を徹底研究すべき

    [奇貨SiC、日本に居くべし]Grossberg 大山 聡氏

     SiCでの競争力を日本の半導体産業が死守するための方策を議論している今回のテクノ大喜利、4番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、日本のチップ部品の勝ちパターンをSiC関連ビジネスに生かすことの重要性を指摘している。

  • SiCの潜在能力を生かすには構造の最適化が必須、そこに日本の強みと迷いがある

    [奇貨SiC、日本に居くべし]慶應義塾大学 田口眞男氏

     SiCでの競争力を日本の半導体産業が死守するための方策を議論している今回のテクノ大喜利、3番目の回答者は慶應義塾大学の田口眞男氏である。近年、インバーターを研究してきた同氏は、SiCの潜在能力を引き出して事業競争力を醸成するための方策を論じている。

  • SiC躍進の鍵は性能向上より生産能力拡大、オールジャパン体制を取るなら最後のチャンス

    [奇貨SiC、日本に居くべし]服部コンサルティング インターナショナル 服部 毅氏

     SiCでの競争力を日本の半導体産業が死守するための方策を議論している今回のテクノ大喜利、2番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、いまSiCデバイスのユーザー企業が求めていることは何なのかを明確に指摘し、そのうえで日本企業が取るべき方策を論じている。

  • 省エネ分野で日本は絶好の事業環境、SiCは絶対に取りこぼしてはいけない

    [奇貨SiC、日本に居くべし]野村證券 和田木哲哉氏

     今回のテクノ大喜利では、SiCパワーデバイスでの日本企業の勝ちパターン、シナリオについて議論した。1番目の回答者は野村證券の和田木哲哉氏である。同氏は、長期的視点から見たパワーデバイスの価値を論じ、そこで日本の半導体業界が強みを醸成し、守ることの重要性を強調している。

  • AIやIoT導入前に“PoC疲れ”、ICTに疎い現場に配慮を

    [“PoC疲れ”への処方箋]テクノ大喜利まとめ

    さまざまな業界で人工知能(AI)やIoTを活用した効率的な業務や価値あるビジネスを創出するために、概念実証(Proof of Concept:PoC)を実施するようになった。ところが、意気込んでPoCに取り組んではみたものの、PoCから先に進まないどころか、社員が慣れない膨大な作業に疲れ切る「PoC…

  • 生き残るために“電子産業の神”を目指す鴻海、関門となる半導体内製は薄氷

    [鴻海の半導体内製のインパクト] テクノ大喜利まとめ

    鴻海精密工業グループが、マカオに隣接する中国広東省珠海市に大規模な半導体工場を新設する計画を進めていることが明らかになった。そこで今回のテクノ大喜利では、鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出した。

  • ビジネスの一部を切り出すのではなく、全体を相似縮小したPoCを実施すべき

    [“PoC疲れ”への処方箋] 回答者:東芝デジタルソリューションズ 福本 勲氏

     AIやIoTを活用に向けた概念実証(Proof of Concept:PoC)の実施に際して、PoC疲れを起こすことなく、AIとIoTを効果的に活用していくための方策について議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は、東芝デジタルソリューションズ でインダストリアルIoTの事業・ビジネスの企…

  • 意義あるPoCの実施、まずは関係者全員で成否を共有できる基準作りから

    [“PoC疲れ”への処方箋] 回答者:フィックスターズ 塩田靖彦氏

     AIやIoTを活用に向けた概念実証(Proof of Concept:PoC)の実施に際して、PoC疲れを起こすことなく、AIとIoTを効果的に活用していくための方策について議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、AIやIoT向けソリューションの開発とその実装で実績のあるフィックスターズ…

  • 成功事例のむやみな模倣が本来のゴールを見失わせ「PoC疲れ」招く

    [“PoC疲れ”への処方箋] 回答者:アーサー・D・リトル 三ツ谷翔太氏

     さまざまな業界で、人工知能(AI)やIoTを活用するための試みが活発化している。そして、これら新しい技術を基に効率的な業務や価値あるビジネスを創出するため、多くの企業が概念実証(Proof of Concept:PoC)を実施するようになった。今回のテクノ大喜利では、PoC疲れを起こすことなく、A…

  • 鴻海が恐れる低収益化する灰色の未来、生き残りを賭けて半導体事業に着手か

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:東海東京調査センター 石野雅彦氏

  • 世界最大の半導体消費企業・鴻海、外部調達もリスクだが内製にもリスク

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:Grossberg 大山 聡氏

     鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、鴻海が半導体を内製するとすれば何を作るのか、そして実現の条件は何なのか考察した。

  • あらゆる業種の企業が半導体を独自開発する時代、鴻海は何を作りたいのか

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:慶応義塾大学 田口眞男氏

     鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は慶応義塾大学の田口眞男氏である。同氏は、先進的な半導体ユーザー企業の動きを念頭に置きながら、鴻海の半導体事業の価値と行方を考察した。

  • シャープの半導体製造技術は20世紀で停止状態、鴻海は必要な技術を調達できるか

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:服部コンサルティング インターナショナル 服部 毅氏

     鴻海精密工業の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、鴻海が半導体事業を保有することのインパクトと必然性を説きながら、その一方でそれを実現することがいかに難しいことなのか論じている。

  • 半導体内製によるEMS事業の強化は一見合理的、だがシナジーは机上の空論

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:野村證券 和田木哲哉氏

    台湾の鴻海精密工業グループが、マカオに隣接する中国広東省珠海市に大規模な半導体工場を新設する計画を進めていることが明らかになった。そこで今回のテクノ大喜利では、鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出した。最初の回答者は野村証券の和田木哲哉氏である。同氏は、EMSビジネスと半導体ビジネスの注…

  • 長期的視野では半導体の飛躍は必然、果実を得るのは米国か中国か

    [2019年の視点:半導体編]テクノ大喜利まとめ

    テクノ大喜利では、「2019年の視点」と題して、各回答者に2019年に注目すべき、キーワード、企業、技術・製品・サービスを聞いた。ここでは、半導体業界に関連した回答をまとめ、2019年の視点を洗い出した。

  • GAFAが生きにくくなる時代、どの企業が生きやすくなるのか

    [2019年の視点:ITサービス編]テクノ大喜利まとめ

    テクノ大喜利では、「2019年の視点」と題して、各回答者に2019年に注目すべき、キーワード、企業、技術・製品・サービスを聞いた。ここでは、ITサービスに関連した回答をまとめ、2019年の視点を洗い出した。

  • 5Gは実用化に向かった、そろそろ6Gの技術開発の始まりか

    [2019年の視点]Techpoint 蓬田宏樹氏

     一つの技術が実用化に向かえば、それを次ぐ新たな技術の準備が始まる。これは、電子業界やIT業界で、絶えることなく繰り返され続けてきた営みである。回答者それぞれの視座から見た、2019年注目の動きを挙げていただいている今回のテクノ大喜利。8番目の回答者は、ファブレス半導体メーカーTechpointの副…

  • コンピューターの継続的進化が不透明なこの時代こそ、IBMの出番

    [2019年の視点]東海東京調査センター 石野雅彦氏

     今、コンピューターの世界ではNeumann型コンピューターの進化が怪しくなり、半導体の世界ではMooreの法則の先行きがさらに怪しくなってきている。長きにわたって電子業界やIT業界が頼ってきた技術の大黒柱が揺らぐような時代こそ、IBMの出番なのかもしれない。回答者それぞれの視座から見た、2019年…

  • “5G実用化前夜”の2019年、Armが元気そうなら5Gは安泰だ

    [2019年の視点]Grossberg 大山 聡氏

     回答者それぞれの視座から見た、2019年注目の動きを挙げていただいている今回のテクノ大喜利。6番目の回答者は、市場の動きを鋭い切り口から論じるGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、5Gの真価を打ち出すべき2019年での、5Gの行方を量る視点を提示した。

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る