DRAMという半導体チップの特徴の一つに、仕様の国際標準化が進み、技術面での差異化がしにくいという点がある。このため、巨額投資のタイミングや規模がメーカーの強さを決める要因になりやすい。

 もちろん国際標準は、電子機器の進化を見据えた最適な技術仕様が規格化されたものだ。このため、多くの場合、好き好んで国際標準から外れた仕様のチップを作っても意味がないし、ユーザー側のメリットも少ない。ただし、国際標準となる高性能なチップを作る技術を保有しない後発メーカーにとっては、独自仕様チップの市場育成は、ゲームチェンジの可能性を秘めた魅力的な取り組み課題だ。

 長年、無風地帯だったDRAMの勢力図が変わる可能性とその波及効果を、マイクロンと中国企業の動きを軸に議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、日本のDRAM黄金期のトップ設計者であり、メモリーメーカーの経営者でもあった慶應義塾大学の田口眞男氏である。同氏は、DRAM固有の技術的な特性、ビジネス面での特徴を鑑みて、無風状態だったDRAM市場が大きく動き出す契機となる要因を考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
田口 眞男(たぐち まさお)
慶應義塾大学 先端科学技術研究センター 研究員
田口 眞男(たぐち まさお) 1976年に富士通研究所に入社とともに半導体デバイスの研究に従事。1988年から富士通で先端DRAMの開発・設計に従事。メモリーセル、高速入出力回路や電源回路などアナログ系の回路を手掛ける。2003年、富士通・AMDによる合弁会社FASL LLCのChief Scientistとなり米国開発チームを率いてReRAM(抵抗変化型メモリー)技術の開発に従事。2007年からSpansion Japan代表取締役社長、2009年には会社更生のため経営者管財人を拝受。エルピーダメモリ技術顧問を経て2011年10月より慶應義塾大学特任教授、2017年4月より同大学の先端科学技術研究センター研究員。技術開発とコンサルティングを請け負うMTElectroResearchを主宰。
【質問1】無風状態だったDRAMの勢力図が変化すると、半導体業界の他分野や電子業界にどのような波及効果があると思われますか?
【回答】サムスン電子、SKハイニックス、マイクロンの間なら勢力関係がどう変わろうと産業界に大きな影響はない。ただし、低価格状態が続き、DRAMリッチなシステムが登場する可能性がある
【質問2】積極投資するマイクロンは、上位のサムスン電子とSKハイニックスを覆すことができると思われますか?
【回答】可能性はある
【質問3】中国企業によるDRAMビジネスの立ち上げは、成功すると思われますか?
【回答】既存プレーヤーの美食クラブには入れないが、B級グルメで成功する可能性がある。そして次は・・・

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら