米中ハイテク摩擦は、どうやら長期化しそうだ。

 これまで電子産業では、米国こそが技術革新やイノベーションの唯一の発信源であり、欧州、日本、韓国、台湾、そして中国などは、米国が生み出すトレンドや標準、ルールに沿った技術を発展、具体化する役割を担ってきた。これが今、米中2極体制が現出する可能性が出てきている。今回のテクノ大喜利では、電子産業において、米中2極から新しい技術やビジネスの潮流が生まれる可能性について議論した。

【質問1】電子産業に技術革新やイノベーションを生み出す場として、米国が中国よりも優れている点は何だと思われますか?
【質問2】逆に、中国が米国よりも優れている点は何だと思われますか?
【質問3】米国だけでなく、中国からも電子産業における技術革新やイノベーションが多発する未来に、現実味を感じますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「電子産業、米中2極化の現実味」回答まとめ

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら