液晶パネルの原価構造は、半導体チップのそれに比べて大きな特徴がある。もちろん、製造装置の減価償却費も巨額で大きな割合を占めるのだが、それにも増して部品材料の購入費用の割合が極めて高いのだ。カラーフィルター、偏光板、バックライト、ドライバーICなど、高額で高付加価値な部材をたくさん外部調達している。液晶パネルは、部品・材料、そして製造装置メーカーが生み出す付加価値を結集して作られているといえよう。原価構造を見れば、電子デバイス産業というより、むしろ自動車のような組み立て型産業のように見える。

 液晶産業が成長期に入り、液晶パネルのコスト削減が推し進められる過程で、黎明(れいめい)期に外部調達していたカラーフィルターをパネルメーカーが内製するようになった。後から内製できるくらいなら、なぜ最初から内製してコスト削減しなかったのか。そのことを業界に詳しい方に問うと、「液晶ビジネスの立ち上げのリスクを最小限に抑えようとしたシャープが、自社で行うべき工程の多くを外部委託した。それが、業界構造として定着したのでは」という答えだった。確かにパネルメーカー視点では合理的判断ではあるが、あるときは頼られ、状況が変わればはしごを外されるカラー・フィルター・メーカーの身になれば、しんどい話だとも感じた。トヨタ自動車ならば、部品材料メーカーを系列化したのではないか。

 日の丸液晶が過去に取るべきだった施策を考え、競争力のあるビジネスを営むための留意事項を議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は日の丸液晶の内幕をよく知る、某企業のFPD製造装置業界関係者にご登場願った。同氏は、日本の液晶パネルメーカーが成長していく過程で、ビジネスを支える技術や人材、さらには顧客、ベンダーなどを雑に扱ってしまったことが、その後の凋落の種をまいた可能性を指摘している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
FPD製造装置業界関係者
某企業
FPD製造装置業界関係者
【質問1】継続的な事業を営むため、日本の液晶メーカーは、液晶産業の黎明期に何をしておくべきだったのでしょうか?
【回答】技術漏洩防止
【質問2】継続的な事業を営むため、液晶産業の成長期には、どのような施策をしておくべきだったのでしょうか?
【回答】事業ドメインの見極めと信頼関係の醸成
【質問3】業績や財務状況が悪化して、事業再建に取り組む際に、どのような施策を取るべきだったのでしょうか?
【回答】技術の差異化

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら