米Intel(インテル)のように、チップの設計と製造を一貫して行う企業のことをIDM (Integrated Device Manufacturer) と呼ぶ。設計と製造の両面でチップの性能を最大化できる点が、生産を他社に委託するファブレスメーカーにはないIDMの強みだ。プロセス開発のがんばり次第では、他社が利用できないような最先端プロセスを自社チップの生産に活用できる。また、将来のプロセス技術の細かな仕様に合わせて、製造技術の潜在能力を引き出すチップを設計することもできる。

 インテルが特別な半導体メーカーであり続けるための方策を議論している今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、東海東京調査センターの石野雅彦氏である。これまでのインテルは、いかにして同社が掲げた微細加工技術の進歩をベースにした技術トレンド「Mooreの法則」を維持し続けることを目指して、チップの設計とプロセス開発に邁進してきた。しかし、Mooreの法則を同じペースで継続することが難しくなり、微細加工技術の進歩だけでは競合するファブレス半導体メーカーに対する優位性を築き難くなっている。同氏は、IDMである強みを生かして、インテルが微細化だけに頼らずに優位性を築く新たなIDMの姿へと変貌していくことに期待している。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
石野 雅彦(いしの まさひこ)
東海東京調査センター シニアアナリスト
石野 雅彦(いしの まさひこ) 山一証券経済研究所、日本興業銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、東海東京調査センターのシニアアナリストとして半導体、ディスプレイ、通信などテクノロジー企業および産業を対象にした調査・分析に従事している。
【質問1】現在のインテルのプロダクトもしくはビジネスで、もっと注力した方がよいと思われるものは何でしょうか?
【回答】「Mooreの法則」を超越する新ビジネスモデル
【質問2】インテルがIDMであり続けることに、妥当性・合理性・必然性があると思われますか?
【回答】インテルは新しいIDMモデルにシフトする
【質問3】20年後のインテルは、今より輝いていると思われますか?
【回答】20年後は分からない。半導体産業がある限り、生き残っている

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら