日本の社会では、少子高齢化による人材不足が大きな課題になっている。ところが、日本の電子産業やIT産業に注目すれば、なぜかリストラが進行している。人材不足は、これらの産業では無縁なのかと思えるような状態である。

 ところが、単純に人余りが起きているだけではないようだ。特定の技術や市場の知見やスキルを持つ人材は、引く手あまたの状態。例えば、自動運転やIndustry 4.0に向けた生産システムなどの開発に向けた人工知能(AI)、合理的・効果的・効率的なデータの取り扱いにたけたデータサイエンティストなどについては、人材不足と感じている企業が多い。これらの分野での人不足は、少子高齢化が原因と言うより、技術革新によって、価値あるビジネスを展開するために必要な知識やスキルが変化した結果であると言えそうだ。

 今回のテクノ大喜利では、電子産業やIT産業、自動車産業など、技術革新が進む事業環境の中で、人材の流動性が低い日本企業、さらには技術者個人が、どのように振る舞い、備えたらよいのか議論した。最初の回答者は、アーサー・D・リトルの三ツ谷翔太氏である。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
三ツ谷 翔太(みつや しょうた)
アーサー・D・リトル(ジャパン) パートナー
三ツ谷 翔太(みつや しょうた) 世界最初の経営戦略コンサルファームであるアーサー・D・リトルにて、エレクトロニクス産業を中心とした製造業に対する新規事業戦略・研究開発戦略・知財戦略の立案支援、ならびに経済産業省を中心とした官公庁に対する産業政策の立案支援に従事。GAFAに代表されるグローバルプラットフォーマーが独占的地位を得る時代から、自律分散型の企業モデルが息を吹き返す時代への移行を見通した、フラグメント化する世界 ーGAFAの先へーを日経BP社から出版(共著)。
【質問1】大きな技術革新が頻繁に起きる業種において、日本企業における技術者の自発的流動性を高めることはできると思われますか?
【回答】個人頼りではなく、企業や産業レベルでの施策が必要
【質問2】時代の要請に応える知識やスキルを習得する社会人教育(生涯教育)を活発にするためには、どのような方策を取るべきだと思われますか?
【回答】大学における外部人材登用とそのためのガバナンス改革
【質問3】大きな技術革新が起きる業種の技術者は、個人の価値を維持・向上させるために、どのような点に留意して働く必要があると思われますか?
【回答】技術分野をまたいだ「メタ認知」を楽しむこと

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら