今回のテクノ大喜利は、足元は業績好調な米インテル(Intel)に、果たして明るい未来があるのかを論じている。確かに業績はまとめてきているものの、何か現状のビジネスに同社の芸風と違う匂いを感じるからだ。そして、半導体産業の誕生以来、特別な企業であり続けてきた同社は、業界全体に号令を下す君主の座を降り、他の半導体メーカーと共に市場を勝ち抜くために切磋琢磨(せっさたくま)する立場になってきたことを感じている回答者の意見が多く聞かれた。

 半導体の売り上げトップの大企業である同社は、電子業界の様々なニーズをガッチリと受け止めるべく、多面的な事業展開をしている。ただし、中には苦戦している事業領域も多く、とても横綱相撲で連戦連勝といける状態ではない。かつて、DRAM事業を切り捨て、マイクロプロセッサー事業に経営リソースを集中させて大成功したように、メリハリのある戦略を打ちだす時期に来ているのではないか。

 インテルが特別な半導体メーカーであり続けるための方策を議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は、グロスバーグ(Grossberg)の大山 聡氏である。同氏は、インテルが最も注力すべき市場を絞り、同じ市場に群がる競合に同社が勝ち抜くことができるのか考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる) 1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】現在のインテルのプロダクトもしくはビジネスで、もっと注力したほうがよいと思われるものは何でしょうか?
【回答】データセンターを中心とするインフラ系のビジネス
【質問2】インテルがIDMであり続けることに、妥当性・合理性・必然性があると思われますか?
【回答】理論的には無いと思うが、IDMスタイルにはこだわったほうがよいと思う
【質問3】20年後のインテルは、今より輝いていると思われますか?
【回答】その可能性はあまり高くないと思う

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら