半導体、特にメモリーの価格の値動きは極めて激しい。なるべく安く半導体を調達したいと考えるユーザー企業から見れば、その値動きに一喜一憂して当たり前だ。半導体を供給するサプライヤー側も、経営者は利益が大きく上下動するため、市況は大いに気になることだろう。しかし、市況の細かな動きに寄り添い、過敏に反応して、技術開発や生産設備への投資を数千億円規模で見直していたのでは、どんなに立派なビジョンも戦略も霧散してしまうことだろう。

 低迷する半導体市場の反転の糸口と冬の時代だからこそ考えるべき半導体関連企業の身の処し方を議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は、服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、そもそも半導体業界においては市場予測自体が困難であることを前提に経営を考えなくてはならなくなったことを指摘、その上で半導体メーカーが取るべき最も確からしい施策を提示した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
服部 毅(はっとり たけし)
服部コンサルティング インターナショナル 代表
服部 毅(はっとり たけし) 大手電機メーカーに30年余り勤務し、半導体部門で基礎研究、デバイス・プロセス開発から量産ラインの歩留まり向上まで広範な業務を担当。この間、本社経営/研究企画業務、米国スタンフォード大学 留学、同 集積回路研究所客員研究員なども経験。2007年に技術・経営コンサルタント、国際技術ジャーナリストとして独立し現在に至る。The Electrochemical Society (ECS)フェロー・終身名誉会員。マイナビニュースや日経xTECHなどに、グローバルな見地から半導体・ハイテク産業動向を随時執筆中。近著に「メガトレンド半導体2014-2023(日経BP社)」「表面・界面技術ハンドブック(NTS社)」「半導体・MEMSのための超臨界流体」(コロナ社)がある(共に共著)。
【質問1】現在急激に落ち込んでいる半導体市場は、いつごろ反転すると思われますか?
【回答】2019年秋から2020年にかけて
【質問2】半導体市場が反転するきっかけとなる要因・条件・イベントは何だと思われますか?
【回答】(1)データセンターのサーバー投資再開、(2)Intelの10nm 製品の潤沢な出荷
【質問3】半導体市場が低迷している間、半導体関連企業はどのような戦略・戦術・施策を取るべきだとわれますか?
【回答】不況期にこそ設備投資を行い、好況期に向けた生産能力向上準備。新技術開発に注力

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら