鴻海精密工業は、行く手を阻むものなどいない強大な力を持つ企業であるかのように、多くの人の眼に映っていることだろう。世界中のありとあらゆる電子機器の生産を手掛け、機器メーカーにとっては、競合製品の生産も同じ鴻海で行っているという状況は珍しくない。まさに世界の電子産業を支えるインフラと言える最強のEMSだ。

 ただし、そのビジネスモデルは決して高水準の利益率が約束されているものではない。どちらかと言えば、典型的な薄利多売のビジネスだ。同社は、生産技術の改善努力や部品調達での交渉力強化などさまざまな方策を駆使して、利益率を高めてきた。しかし、その効果も既存ビジネスの枠組みの中では頭打ちである。

 どんなに強いビジネスモデルでも、環境の変化によって強みが失われていくのは避けられない。長きにわたって強くあり続けるためには、鴻海自身が時代の要請に応えるための変化に取り組む必要があるだろう。鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出している今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は東海東京調査センターの石野雅彦氏である。同氏は、鴻海が半導体内製に走る背景を、財務データを基に考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
石野 雅彦(いしの まさひこ)
東海東京調査センター シニアアナリスト
石野 雅彦(いしの まさひこ)  山一証券経済研究所、日本興業銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を経て、東海東京調査センターのシニアアナリストとして半導体、ディスプレイ、通信などテクノロジー企業および産業を対象にした調査・分析に従事している。
【質問1】鴻海の半導体内製で、同社の顧客である機器メーカーにはどのようなインパクトがあると思われますか?
【回答】鴻海の目的がスマホの3大メーカーであるApple型、Samsung型、Huawei型あるいは、現行のEMS専業型のいずれを指向するかで影響度が異なる
【質問2】そもそも、鴻海による中国での半導体製造は実現できると思われますか?
【回答】鴻海の半導体製造では、IDMあるいはファウンドリー、設計を目指すのかで実現性、進捗度が変わる
【質問3】鴻海による半導体製造が実現したとすれば、半導体業界にはどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】 FPD業界と同様に新しい成長期待と混乱が生まれる可能性がある

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら