世界最大のEMSである鴻海精密工業は、世界最大の半導体消費企業でもある。しかもそのほぼ全量を外部調達している。EMSは、ユーザーである機器メーカーの要求に応えて、安定的に生産できる体制を整えておく必要がある。

 ところが、半導体は安心して安定調達できる体制が整っているわけではない。価格の大きな変動もさることながら、地政学的リスクや貿易摩擦の影響など、安定調達を脅かす要因にはこと欠かない。しかも、機器に搭載する半導体のうち、代替が効かないものが1個調達できないだけで生産ができなくなる。これはかなり危うい状況だ。せめて、特定半導体メーカーにしか作れないチップ以外の代替が効かないチップは、安定的に調達できる状態にしておきたい。

 鴻海の半導体事業の行方を考える上での視点を抽出している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、鴻海が半導体を内製するとすれば何を作るのか、そして実現の条件は何なのか考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる)  1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】鴻海の半導体内製で、同社の顧客である機器メーカーにはどのようなインパクトがあると思われますか?
【回答】顧客にとってインパクトは大きくない
【質問2】そもそも、鴻海による中国での半導体製造は実現できると思われますか?
【回答】実現可能だが、メモリーやロジックの大規模ラインにこだわるのはリスクが大きい
【質問3】鴻海による半導体製造が実現したとすれば、半導体業界にはどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】半導体ユーザーである機器メーカーにとって、半導体調達の選択肢が増える可能性がある

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら