どこの国の歴史でも同様だが、群雄割拠の戦国時代もあれば、長きにわたって安定して栄華を誇る王朝や政治体制が生まれることがある。半導体業界の歴史も同様だ。折々に、圧倒的強さを発揮する企業が登場する。パソコン全盛時の米インテル(Intel)は、顧客であるはずのパソコンメーカーのビジネスの行方を掣肘(せいちゅう)するほどの力を得た。データ活用社会の発展に沿ってメモリー・ビジネスで先頭を走り続ける韓国サムスン電子(Samsung Electronics)は、今まさにそうした時代の真っただ中にいる。

 そして、これからは、あらゆる先端チップの生産を一手に担うTSMCが、本格的な黄金時代を迎えようとしているのではないか。電子産業や社会に与える影響力は、生産するチップの応用分野の広さを考えると、IntelやSamsungの比ではないほど巨大になる可能性すら感じる。

 米グローバルファウンドリーズ(GLOBALFOUNDRIES)が、7nm FinFETプロセスの開発を無期限に停止すると発表。先端プロセスによるチップの製造を託せるファウンドリーがTSMCだけになったことの波及効果について議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、準独占状態にあったTSMCが、さらに高みに駆け上っていく近未来を語っている。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
大山 聡(おおやま さとる)
Grossberg 代表
大山 聡(おおやま さとる)  1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。
【質問1】先端プロセスでチップを生産できるファウンドリーがTSMC1社になったことで、応用市場にはどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】特に大きな影響が出るとは思えない
【質問2】先端ファウンドリー・ビジネスがほぼ独占状態になったことで、TSMCは、これまでとは異なる施策を採ると思われますか?
【回答】今まで通りの戦略を継続すると思う
【質問3】GLOBALFOUNDRIESも精査した上での最先端プロセスからの撤退だと思います。TSMCの先端プロセスのビジネスは、今後も継続できると思われますか?
【回答】今後ますます牙城が強くなる見通し

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら