韓国サムスン(Samsung)グループは、2018年8月8日、2018年から2020年までのグループ企業の開発・設備投資計画を明らかにした。総額は、3年間で180兆ウォン(約18兆円)という極めて巨額なものだ。そのうち、約6割を半導体、1割を液晶・有機ELパネル、その他3割をスマートフォンや家電の分野に振り向けるとする。そして、同社が「4大未来成長事業」と呼ぶ“AI”“バイオ”“5G”“車載部品”の育成を加速するため、25兆ウォン(約2兆5000億円)を重点的に投じる予定である。

 機敏な意思決定に基づく大胆な投資が持ち味の同グループは、今や世界の投資王となった。同グループの代表的企業であるサムスン電子(Samsung Electronics)が2017年に投じた設備投資は、半導体の旺盛な需要に背中を押されて、440億米ドル(約4兆9300億円)と2016年比で倍増。これは、2位の中国石油天然気(ペトロチャイナ: China National Petroleum)の290億米ドルを約50%上回るぶっちぎり1位の投資額である。

 Samsung Electronicsをはじめとする同グループ企業は、半導体、液晶・有機EL、5Gなど、巨額の資金を要するビジネスをあえて選んでいる。ただし、Samsungといえど、無尽蔵にお金が湧く財布を持つわけではない。有望市場の中から、投資すべき時期と分野を冷静に選んで投資しなければならないだろう。実際、現時点での市況を考えれば、NANDフラッシュメモリーやDRAMのビジネスは押せ押せの状況に見えるが、2018年に入ってNANDフラッシュへの投資額の減額やDRAMの投資計画を先送りなど、微妙なアクセルワークをしていることを伝える報道が目立つようになった。

 今回はテーマでは、電子業界の投資王Samsungの目線から、好況が続くメモリー市場の位置付けと同社の投資資金のやりくりが同市場に与える影響を議論した。各回答者に投げ掛けた質問は以下の3つである。

【質問1】現時点でのSamsung Electronicsは、メモリービジネスでの投資が調整局面にあるように見えます。これは正しい判断だと思われますか?
【質問2】 Samsung Electronicsが取り組むビジネス領域(半導体以外も含めて)の中で、現時点でもっと積極投資すべきと思われる分野はどれですか?
【質問3】巨額投資案件を数多く抱えるSamsung Electronicsの、メモリービジネス専業のメーカーに対するメリットもしくはデメリットは何だと思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

表1 テクノ大喜利「投資王サムスン目線で量る、メモリー市況の今」回答まとめ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら