スウェーデン・ボルボ(Volvo)の4ドアセダン「S60」が、全面改良(フルモデルチェンジ)した。ボルボは、2016年からすべての車種でプラットフォームの刷新を始め、このS60がその最終車種となる。また、ステーションワゴンやSUV(多目的スポーツ車)を充実させているボルボにとって、4ドアセダンはこの一車種となる。

低重心かつ精悍な外観を備えた4ドアセダン
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型S60は、前型に比べ全長が125mm長くなったが、全幅は15mm狭く、全高は45mm低くなり、低重心で精悍な印象を与える姿となった。ことに全幅については、日本の立体駐車場の規制を意識し、1850mmに収めたという。

普遍的な4ドアセダンの姿ではあるが、存在感のある後ろ姿だ
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ボルボ車全体に共通していえることは、外観の造形は普遍的かつ簡素でありながら、ボルボであることを一目で明らかにし、車体寸法を吟味した低重心の様子と合わせ、S60ではとくに精悍さが印象的だ。室内の様子は、ステーションワゴンの「V60」と同様であり、試乗車は明るい色の内装であったことも、競合するドイツ車とは違った趣を備える。ちなみに競合車種は、ドイツ・ダイムラー(Daimler)のメルセデス・ベンツ「Cクラス」や同BMW「3シリーズ」、あるいは同アウディ(Audi)「A4」と思われるが、発表会場でボルボ・カー・ジャパン社長の木村隆之氏は「国産の上級セダン」と語った。

一連のボルボ車に通じる見慣れた室内の造形を踏襲する
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回試乗したのは、「T5 Inscription」というガソリンエンジン車の上級車種で、価格は614万円である。これに、注文装備となる19インチの扁平タイヤ/ホールが装着されていた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら