トヨタ自動車の「カローラ」が、フルモデルチェンジ(全面改良)により12代目となった。2018年に、一足先にハッチバックの「カローラスポーツ」が市場導入されているが、今回の4ドアセダンと、ステーションワゴンの「カローラツーリング」は、これまで5ナンバー車として販売されてきた経緯を踏まえ、3ナンバー車とはなったが、カローラスポーツより車幅を詰める配慮を独自に行っている。

格好よい造形のために3ナンバー化したという新型カローラは、確かに見栄えがよい
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 3ナンバー化の最大の理由は、外観造形のためだとトヨタは説明する。前型が、発売当初は格好悪いとの評が立ち、販売店に顧客が集まらなかったとの反省による。そのためもあり、外観は一目で格好いいと思える造形がなされている。セダンもステーションワゴンも、流麗さが際立つ。室内も、「プリウス」などとは異なるが、横長の大きな液晶画面がダッシュボード中央に設置され、2018年のカローラスポーツで発信されたコネクティビティーに力を注ぐ様子が伝わってくる。

ステーションワゴンのツーリングの造形も、格好いいと評判だ
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 その液晶画面については、ディスプレーオーディオが全車に標準装備され、スマートフォンと接続することにより、「LINEカーナビ」などのアプリケーションを使うことができる。

 原動機は、1.8Lエンジンのハイブリッドと、同排気量のガソリンエンジンのほか、1.2Lのガソリンターボエンジンの3種類である。今回試乗したのは、ハイブリッド車(HEV)と1.8Lガソリンエンジン車であった。1.8Lガソリンエンジンには、無段階変速機(CVT)が組み合わされる。

 現行のプリウスから導入された「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を用い、走行中の人の目線を安定させ、旋回しやすさと、旋回時の進路の的確さが、新型カローラの走りの持ち味であるという。

1.8Lガソリンエンジンと組み合わされたハイブリッドは、静粛性に優れ上級車の趣を増大する
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、市街地と都市高速を中心とした試乗であったが、都市高速での小さなカーブでの切り返しなどで、ステアリング操作の通り、的確に曲がり始め、しっかり進路を定め、落ち着きのある安定した走りをするところに、新型の進化の度合いを実感した。

 また、走行中の静粛性が際立っており、かなりの上級車という印象だ。ことに、モーター補助があることで静粛性が高まるHEVは、いっそう高級さを覚えさせる。一方、ガソリンエンジン車は、その動力性能に不足は感じないものの、高級さという点においては、走行状況によってはCVTがエンジン回転を高め、その音をかなり意識させられるので、それほど高級な印象は残らない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら