ドイツ・ダイムラー(Daimler)のメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)「Bクラス」がフルモデルチェンジ(全面改良)して新型となった。2018年にフルモデルチェンジした「Aクラス」同様、一見したところ前型と大きく変わったように見えないが、外観の造形などが洗練され、また性能や機能も一段と進化し、Bクラス本来の良さが磨き上げられたことが試乗から感じ取れた。

 基本構造はAクラスを踏襲しており、車体寸法もほぼ同じだ。その上で、車高をより高く、屋根を後ろへ長く伸ばし、荷室容量を増やすワゴン的な外観を与えられたのが新型Bクラスである。

 新型Bクラスは、1.4Lガソリンターボエンジン車と、2.0Lディーゼルターボエンジン車の2車種があるが、今回試乗したのはガソリン車の方だ。これに、「AMGライン」と「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」、「レーダーセーフティパッケージ」、「ナビゲーションパッケージ」など、合計140万円相当の注文装備が取り付けられている。なお、ディーゼル車は納車が10月ごろになる予定だ。

Aクラスを基に、より室内空間の有効性を高めたワゴンタイプのBクラス
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]
屋根が後ろへ伸び、荷室だけでなく室内空間にもゆとりが生まれている
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら