2017年12月に米国で先行販売されているHondaのCLARITY PHEVが、日本でも発売された。クラリティは、燃料電池車のクラリティ・フューエルセル、電気自動車のクラリティ・エレクトリックそしてプラグインハイブリッドのクラリティPHEVの3車共通でプラットフォームを利用する独自性を持つ。その3車種の中でもPHEVは、もっとも部品の収まりや利便性、仕上がりのよさを実感させるクルマだ。

 クラリティPHEVの目玉となるのが、モーターのみによるEV走行が100kmを超えることである。その諸元値は、WLTCでも101.0kmを実現している。またモーター走行の最高速度は160km/hである。この性能は、トヨタ・プリウスPHV(8.8kWh)の約2倍のリチウムイオンバッテリー容量17kWhによりもたらされる。

 短時間の試乗では、あえてHVモードを選ぶなどしなければ市街地から高速道路までほぼモーター走行することができ、PHEVというよりEV(電気自動車)を運転したという印象が非常に強い。

ワングレードで車両本体価格約588万円(消費税込み)のクラリティPHEV。青い車体色はイメージカラー
[画像のクリックで拡大表示]
室内の造形はクラリティ・フューエルセルとほぼ同じ
[画像のクリックで拡大表示]
運転席は、たっぷりとした大きさと、中央部に本革を使った適度な張のシートで座り心地はよい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら