閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

クルマが開く未来

日経 xTECH

目次

  • マツダ、エンジン車とEVのLCAを厳格に比較 電池データの正確性に課題

    (中)

     エンジン車と電気自動車(EV)の環境性能を比較した2回目の記事である。前回は、マツダ技術企画部環境安全規格グループの河本竜路氏が発表したエンジン車とEVのLCAを比較研究するための前提条件を紹介した。今回は、それを踏まえて算出したCO2排出量を走行距離の経過と共にグラフ化した結果を紹介していく。

  • 「モーター走行時にあえて音を発生」、EV/HEV向け安全装置の採用広がる

     国土交通省は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)などの電動化車両に関して、歩行者などに車両の接近を知らせる機能をもつ車両接近通報装置(AVAS :Acoustic Vehicle Alerting System)の取り付けを義務化している。新型車は2018年から義務化、継続生産車は202…

  • マツダ、エンジン車とEVのLCAを厳格に比較

     EV(電気自動車)がエネルギー効率に優れたクルマであることは認知されてきた。ただ、ガソリンと比べた電池のエネルギー密度の低さや、発電時のCO2排出量を考えれば、EVが移動手段の主流には成りにくいことは確かだ。解決しなければならない課題が多い。

  • 2極化するLIDAR、高性能化と低価格化

     高度な自動運転を実現させるためには、高精細な道路情報を実現した地図データと、道路上の障害物を検知する高性能なセンシングデバイスが不可欠だ。しかしミリ波レーダーは高速走行時の検知距離の長さに秀でているものの、大きさや形状を認識できる能力は低く、カメラによる画像認識と組み合わせるのが一般的だ。

  • 世界大手部品メーカーの新ブランド「マレリ」、流れるLEDリアランプなどを商機に

     大手部品メーカーのカルソニックカンセイとイタリアのマニエッティ・マレリが経営統合し、新たに統一ブランド「マレリ」を立ち上げた。2019年5月上旬の発表を受け、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」では、これまでマニエッティ・マレリが手がけてきた最新の製品群が見られた。

  • クルマを3Dプリンターで生産、シーメンスの積層造形技術

     ドイツ・シーメンス(Siemens)のソフトウエア開発子会社である米シーメンスPLMソフトウェア(Siemens PLM Software)が、3D(3次元)プリンティング技術を用いた生産性向上に関する説明会を開催した。

  • AVLジャパン、走りの官能評価を数値化

     欧州エンジニアリングメーカーAVLの日本法人、AVLジャパンがパワートレーン開発環境を公開した。同社は、リアルなドライビングの心地よさや楽しさを、環境性能と両立させるための技術を開発している。

  • ボルボの“最高速度”自主規制、20年死亡事故ゼロへの切り札か?

     2020年がもはや来年となった今年の3月、以前から2020年までに新しいボルボ車に搭乗中の事故における死亡者または重傷者をゼロにするという、高い目標を掲げてきたスウェーデンのボルボ・カーズ(以下ボルボ)がついに踏み切ったのが、同社が発表した「(ボルボの)全車に時速180キロまでの速度制限を導入」と…

  • AVL日本法人、RDEに対応したパワートレーン開発環境を公開

     AVLジャパンのテクニカルセンターにて開催されたAVL JTCテックデイにおいて公開された最新のパワートレーン開発環境をレポート。前回は、同社の概要と設備、バーチャルな開発環境システムなどについて説明した。

  • クルマ開発の裏方を支えるAVL、シミュレーション活用を徹底

    クルマの開発は、安全・快適装備の多機能化により、開発リソースが慢性的に不足気味になっている。そんな状況を裏方として支えるのが、ベルギーAVLのようなエンジニアリング企業だ。パワートレーンの開発を強みとするAVLの日本法人、AVLジャパンのテクニカルセンターを取材した

  • ボディー軽量化のカギは、プレス加工と接合技術

    オートモーティブワールド2019で見えた変化(3)

     2019年の「オートモーティブワールド」では、自動運転関連企業の復調ぶり、電動パワートレーンに参入する新興勢力が相次いでいることを述べた。今回は、高品質なボディーの効率的な生産における新技術に注目してみる。

  • 電動パワートレーン参入、日本電産・ボルグワーナーなど

    「オートモーティブワールド2019」で見えた変化(2)

     2019年初頭に開催された自動車技術の総合展示会「オートモーティブワールド」。前回は、自動運転関連の出展が復活した点を述べた。今回は、電動パワートレーンに参入するメーカーが相次いでいる点を述べる。

  • 自動運転の開発競争が再び激化

    「オートモーティブワールド2019」で見えた変化(1)

     2019年1月に開催された自動車技術の総合展示会「オートモーティブワールド2019」では、昨年とは違った一面があった。出展エリアは、自動運転やハイブリッド車(HEV)、軽量化技術などで分かれ、それぞれにイベント名も付けられている。

  • 日野自動車の電動化戦略、15%燃費改善するHEV投入

     日野自動車は大型トラック「プロフィア」に2019年夏、ハイブリッド車(HEV)モデルを追加投入する計画だ。

  • ダイハツとマツダ、CFRPルーフで軽量化

     2019年1月に開催された「東京オートサロン2019」(会場:千葉県幕張メッセ)では、ダイハツ工業が「コペン クーペ」を公開したほか、マツダはロードスター用に開発中の着脱式ハードトップルーフを装着した「ロードスター・ドロップヘッドクーペ・コンセプト」を展示した。

  • VWグループの電動化戦略、PFは「3+1+1」の5種類

     ドイツのフォルクスワーゲン(Volkswagen:VW)グループの電動化戦略が出そろってきた。見えてきたのは、「3+1+1」の技術プラットフォームの活用だ。「3」は、エンジン車で採用してきたプラットフォームでVWのEV「e-golf」なども実現する「MQB」、そして独アウディ(Audi)「e-tr…

  • 2019年にドイツが採用、次世代車載ソフト基盤「AUTOSAR Adaptive 」

     無線で車載ソフトを更新するOTA(Over The Air)機能が注目を集めている。米テスラ(Tesla)が先行しており、運転支援システムの機能変更や追加、電池容量の変更などができる。世界の大手自動車メーカーはOTAを、自動運転に実現するための基盤技術と位置付け、開発を急ぐ。

  • ショーワ、EPSとの協調制御で自動運転時代に備える

     国内最大の自動車部品展示会「人とくるまのテクノロジー展」。ショーワは毎回、我々メカ系ジャーナリストに対して、ネタともいえる興味深い情報を用意してくれるメーカーだ。今年の目玉は以前より開発を続けているEPSとセミアクティブサスペンションとの協調制御、そしてモーターサイクル用の新構造ダンパーだった。

  • 樹脂の高機能化はどこまで進むのか

    熱伝導、CFRTP、超ハイテンとCFRPとのハイブリッド構造も登場

     樹脂の高機能化は、このところ少し落ち着いた感があった。むしろセルロースなど自然由来の素材や、カーボンナノチューブ、カーボンファイバーの短繊維を練り込むなど、添加する材料によって特性を改善する傾向が見られるくらい成熟した印象がある。

  • アルファロメオの作り出すSUVは、やっぱり刺激的過ぎるクルマだった!

    アルファロメオ・ステルヴィオ試乗記

     イタリアの熱い血統、アルファロメオはSUVモデルの開発で思い切った戦略を採ってきた。それはハンドリング性能を極めること。ドライビングを最優先に考えるアルファロメオらしいと言えばらしいが、その乗り味は刺激的過ぎるほど刺激的だった。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る