英ジャガー・ランドローバー(JLR、Jaguar Land Rover)は、2019年秋開催のドイツ・フランクフルトモーターショーで、新型「ランドローバー・ディフェンダー」を発表した(図1)。定評のある悪路走破性を維持しつつ、ディフェンダー初のAl合金製モノコックボディーを採用した。

図1 新型「ディフェンダー」
2019年秋のフランクフルトモーターショーで発表した新型「ディフェンダー」。デザインや技術開発は、JLRの本拠地である英国ゲイドンで実施した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら