これまで日本ではあまり注目されていなかったが、クルマのエアバッグを制御するECU(電子制御ユニット)の内部には、エアバッグの展開を決めるために車両情報が集められており、衝突時にはそれを記録する領域がある。独立した回路はEDRと呼ばれており、クルマの損傷が激しくても衝突時の車両情報や運転者の操作状況が記録として保存される。航空機のフライトレコーダーに相当するEDRは、今後のクルマにどう役立つのだろうか。

 このところ高齢者運転者によるペダル踏み間違い事故など、操作ミスや体調急変などによる悲惨な交通事故が連日のように報道されている。しかも認知機能の衰えもあって、運転者自身がペダルを踏み間違えているのか認識できていないケースも多く、客観的な状況から説明を受けて「自分がペダルを踏み間違えたのだ」と初めて判断できるようなことも少なくない。

 事故の状況を記録できるドライブレコーダーを装備したクルマも増えてきたが、運転者の操作はドライブレコーダーでは記録できない。だが、エアバッグを制御するECUの内部には車両情報を記録している領域がある。これを独立した回路としているのがEDR(イベント・データ・レコーダー)と呼ばれる記録装置だ。実際にはエアバッグECUの内部に組み込まれており、一定以上のGや急激な速度変化を検知すると記録される。

 プライバシーの問題もあり、EDRには個人情報は車体番号のみ記録され、映像はもちろん音声や時刻、GPSロケーション情報も除外される(ただしコネクテッドカーはユーザーの事前同意で記録する場合もあるらしい)。衝突が起こると、その瞬間がトリガーとなって衝突5秒前から衝突後0.3秒から2秒程度の車両情報を記録する(図1)。

図1 EDRはクルマに大きなGがかかる、あるいは大幅な速度変化が生じると記録される。衝撃を受けた瞬間を0として、その前の5秒間をプレクラッシュデータとして、衝突後0.3~2秒程度をポストクラッシュデータとして記録する。
(出所:ボッシュ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら