これから厳しさを増す燃費規制をクリアするために、電動化は避けられないが、エンジン単体でどこまで熱効率を上げられるか、エンジニアたちは挑戦している。「人とくるま展2019」の最後の報告は、エンジンの熱効率を高める新技術である。

 シチズンファインデバイスは、燃焼圧センサーを展示した。聞き慣れないセンサーだと思われるかもしれないが、それも当然だ。現時点で量産車のエンジンには搭載されていない。しかし、これまでも開発中のエンジンには装着され、実験部のエンジニアたちに燃焼状態を可視化するために使われてきた。マツダが2019年秋に発売するといわれている革新的エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」も、サプライヤーは不明だが燃焼圧センサーを組み込む予定だ。

シチズンファインデバイスの燃焼圧センサー
これ以外にも様々な種類があり、エンジンからのノイズによる影響を受けにくい絶縁タイプも設定があった。
[画像のクリックで拡大表示]

 SKYACTIV-Xは、通常のストイキ直噴の火花点火による燃焼に加え、ストイキ直噴のSPCCI、スーパーリーンバーンでのSPCCIという、全部で3つの燃焼モードがあり、その切り替えを確認するために燃焼状態をセンサーでモニタリングする。

 シチズンファインデバイスは、その名の通り時計メーカー、シチズンの子会社である。同社がなぜ燃焼圧センサーを手がけているのだろうか。圧力を検知する素子として使われている圧電素子は、実は時計に使われる水晶も含まれる。燃焼圧センサーは、高温高圧の状態にさらされるため、水晶では精度や耐久性で問題がある。現在使われているのはランガサイト系のランガテイトという圧電素子だ。

 精密な時計を作っているだけに、後発でも世界最小の燃焼圧センサーを作り上げるなど、同社の技術力は相当に高い印象を受けた。今後はHCCIなどの圧縮着火ではなくても燃焼圧センサーを組み込んだエンジンが登場する可能性は十分に高い。こうした日本の技術力が再び強みを見せてくれることになればうれしいものだ。

 シェフラージャパンは、新しい気筒休止のシステムを披露した。これはホンダのVTECのようにロッカーアームを分割して、切り替えることで休止するシリンダーのバルブ駆動を停止させる。VTECと異なるのは、作動には油圧ではなくソレノイドバルブによりレバーを動かしてピンを押し込むことによって作動させる点だ。

シェフラーの気筒休止CDA(シリンダー・デ・アクティベーション)
eRockerと呼ばれる、ソレノイドで駆動するレバーがロッカーアームのピンを押し込むことで、バルブ駆動を休止させる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら