「人とくるまのテクノロジー展2019」では、電動パワートレーンや樹脂による軽量化に加え、運転支援システム関連部品が注目を集めていた。

 運転支援システム関連では特に、操舵(そうだ)支援の技術が目立った。加速や減速は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の普及予測もあり、制御が簡単なこともあって電動パワートレーンで利用されるケースが多く、目新しい技術は少なかった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
SHOWAのブースに展示されていたリンクレスなアクティブステアリングのデモ機とステアリングホイール側の反力アクチュエーター
操舵側はWピニオンタイプのEPSを二つのピニオンギア両方をモーターで駆動する。速度に応じてステアリングギア比を自在に設定できる。

 SHOWAは、開発中のラックマウントEPSのほか、機械的結合のない“リンクレス型”アクティブステアリングの試作品を展示した。最近車両の保安基準が改正され、リンクレスが認められるようになることを踏まえて開発した機構だという。従来はステアリングシャフトが貫通する関係上、エンジンルームのレイアウトには制約があったが、リンクレスになることでレイアウトの自由度を高めることができるのだ。

ジェイテクトのバス・トラック用ADAS対応ステアリングシステム
ステアリングシャフトの先には従来の油圧パワステが接続され、コラムマウントのEPSが操舵支援を行う。ドライバーの操舵をアシストするほか、レベル2以上の自動運転にも対応できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ジェイテクトは、トラック&バスの油圧ステアリングに電動ユニットを追加してADAS対応とするステアリングシステムを展示した。これはトラックでもレーンキープアシストや前走車追従機能を実現できるもので、日野自動車といすゞ自動車が共同開発中の自動運転システムにも不可欠なデバイスだ。

 かつて筆者は大きな軸力が必要なバス、トラック向けの操舵アシストは油圧パワステをEPSが制御する方式(電動油圧式)しかない、と報告したが、やはりステアリングメーカーも同じことを考えていた。

WABCOのアクティブステアリング
油圧パワステギアボックスの上部に電磁アクチュエーターを組み込むことで、大きな軸力と操舵支援を両立している。車速や走行状態に応じて操舵角を変える「アクティブステアリング」と呼ぶ機能を提供する。この場合でもギア比は固定だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 WABCOのアクティブステアリングは、機構自体は異なるものの、仕組みや制御の考え方は同じだ。こちらは北米で走るボンネット型の大型トラック用とあって、ステアリングギアボックスもサイズが大きなものだった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら