2019年の「人とくるまのテクノロジー展」の注目は、電動パワートレーンだった。従来の内燃機関の感覚からすると、とても実現できないようなレイアウトが登場している。その代表がモーターの中心軸をドライブシャフトが貫通する1軸(同軸)タイプだ。

 1軸タイプの電動ユニットは各社が開発しており、需要が見込まれるレイアウトである。

 メリットはやはりコンパクト化が図れる点。モーターのコイルやローター径を確保しながら、全体としては小さく作れる。最低地上高を長めに確保する必要があるSUV(多目的スポーツ車)や、小型トラック向けの電動パワーユニットとして開発が進められている。同じようなレイアウトでも各社で盛り込むアイデアとそれを実現する技術が異なる。

 アイシンとデンソーは、電動化のための新会社を設立し、これからの戦国時代に挑む姿勢だ。その新会社BluE Nexusが開発中の電動ユニットは、アイシンブースとデンソーブースにそれぞれに展示されていた。電動ユニットは2種類展示されており、どちらも1軸タイプだったのだが、150kWクラスの遊星ギアユニットで減速するだけでなく、クラッチ機構を組み込んだ2段変速としていた点が特徴だ。アイシンは、縦置きTHSのハイブリッド変速機で2段変速を量産している実績があり、当然今回の試作品もそのノウハウが利用されていることだろう。

アイシンとデンソーの合弁会社BluE Nexusが開発中の1軸電動パワートレーン。減速機構の遊星ギアにクラッチを組み込むことで2段変速を実現している。2列の遊星ギアユニットを組み合わせていることから、クラッチを追加すればさらに多段化出来そうだが、モーターの特性を考えると2速で十分カバーできると考えていると言う。
[画像のクリックで拡大表示]

 ジヤトコは3軸タイプのほか、1軸タイプの電動ユニットの試作品を展示していたが、こちらは同じ遊星ギアを減速機として使っていながら、オイルポンプを使わず、かき上げ潤滑だけで行う事で、ポンプ損失を解消したのが特徴だ。しかし遊星ギア内部の潤滑を自然潤滑によって賄うのは相当苦労したと見える。油量を増やしてしまうと高粘度のギアオイルではかくはん抵抗が増えてしまうから、見極めは難しい。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら