中国EVベンチャーのBYTON(バイトン)は中国の展示会「CESアジア」(2018年6月13~15日:上海新国際展覧中心)で、自動運転「レベル4」のコンセプトモデル「K-BYTO (ケーバイト)」を世界初公開した(図1~3)。2020年に商用向けに量産する。自動運転の技術については、中国の百度(Baidu)、独Bosch、そして米Googleの自動運転プロジェクトのリーダーを長年務めた後に退職したChris Urmson氏が設立したAURORAと共同開発する。

図1 未来的なデザインテイストの高級EVセダン、BYTON「K-BYTO」。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 未来的なデザインテイストの高級EVセダン、BYTON「K-BYTO」。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 未来的なデザインテイストの高級EVセダン、BYTON「K-BYTO」。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら