展示会「3D Printing 2018」(2018年2月に東京ビッグサイトで開催)の会場内には、様々な3Dプリンターと、当然のことながらその活用法が提案されていた。3Dプリンターで扱えるマテリアルも樹脂から石膏、砂、そして現在は金属まで広がった。砂では積層で砂型を作ることで、従来の砂型鋳造では難しかった複雑な造形を実現できるようになったのも、3Dプリンターによって生み出された新たな可能性と言える。

 金属もチタンやインコネルといった難加工性素材まで最近は積層での成形が可能になった。それに伴い、試作品や少量生産の製品だけでなく、幅広い分野で3Dプリンターが活躍するようになってきているのである。

 それを実現しているのは、レーザーで一瞬にして金属を溶着させる3Dプリンターと、そのために最適化された金属粉体だ。金属というだけでなく、高強度や耐熱、耐食、耐薬品性など様々な優れた特性をもつ合金の粉体が続々と開発されている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら