2018年3月号の日経ものづくり(目次はこちら)特集1は「設計はコンピューターに考えさせる」。最近、活用範囲が急速に広がっている「コンピュテーショナルデザイン」を取りあげました。

 設計は相反するいくつもの要求をなるべく高い次元で実現する作業です。そのため様々なアイデアを試す試行錯誤の過程が、よい設計を生み出すためには重要です。コンピューターのシミュレーション能力を使ってこの試行錯誤を代行させようというのが、コンピュテーショナルデザインの考え方です。

 そこにあるのは「人の思考の限界を超えられる」という期待です。従来はコンピューターが造った「最適な形状」をうまく製造できないという課題もありましたが、今は3Dプリンターで造るという選択肢もあります。設計支援機能の1つとして多くの3D-CADで既に当たり前の存在になっており、適用範囲がどんどん広がっています。特集では、日野自動車、横浜ゴム、JFEスチールなどの事例を通じて、最先端の取り組みを探りました。

 実は巻頭の『挑戦者』にご登場いただいたアットロボティクス、アンズスタジオ代表の竹中 司氏もコンピュテーショナルデザインの使い手の1人です。竹中氏がこの技術に惹かれる理由は、特集での事例紹介と併せて読んでいただけると、理解が深まるはずです。

 特集2は「シリーズIoT工場の現実」の3回目。今回は「小さな一歩から始める方法」と題して、低コストでまずIoT(Internet of Things)のしくみを導入する方法を集めました。どこからIoT化すればいいのか分からない、効果が分からないのにコストをかけられないといった悩みを抱える企業は特に中小を中心に多いはずです。産業用IoTの推進団体であるインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)理事長で法政大学教授の西岡靖之氏も「入り口まで案内する必要がある」と話します。今回の特集が入り口にたどり着く一助になるとよいのですが。

 毎号好評の『ものづくりQuiz』は「世界一回るハンドスピナー、軸受の構成はどれ?」です。ミネベアミツミと三菱プレシジョンが共同開発したギネス世界記録を持つハンドスピナー「Real Spin Ms’」。キモとなる軸受の設計を解説します。

 日経ものづくりは、ものづくりの業務に役立つ様々な切り口とジャンルの情報を集めて読者にお届けする所存です。ぜひお力添え下さい。

                   日経ものづくり編集長 山田剛良