「SQC(Statistical Quality Control)」と略称される統計的品質管理。それは品質管理の分野において、重要な骨格だといっていい。トヨタ自動車元副社長である佐々木眞一氏は若い頃、さまざまな統計的方法を幅広く学びながら品質管理のエキスパートの養成をめざす教育体系(研修)を修了し、その経験が大いに役立ったという。さらには、ビッグデータの時代ともいわれる今という時代においてのSQCやその教育の意義などについて、幅広い観点から話を聞かせていただいた。(聞き手:井上邦彦=フリーライター)
佐々木 眞一氏(ささき・しんいち)
トヨタ自動車嘱託/日本科学技術連盟理事長。1970年北海道大学工学部機械工学科卒業、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。品質管理畑に長らく従事。2001年取締役、2003年常務役員、2005年専務取締役、2009年取締役副社長、2013年相談役・技監、2016年顧問・技監、2018年技監。2019年嘱託。2014年から日本科学技術連盟理事長。著書に『トヨタの自工程完結』がある。

佐々木さんが統計的品質管理について学び始めたのは、トヨタに入社してから4年後の1974年だったとお聞きしています。どのような経緯でSQCを学ぼうと思われたのでしょうか。

佐々木:40年以上も前の記憶なので、曖昧な部分はありますが、それでもいろいろなことは覚えています。その中で私が入社したのは、トヨタ自動車販売と合併する前のトヨタ自動車工業の頃。当時所属していたのは、元町工場(愛知県豊田市)検査部車両検査課の技術係でした。

 検査なので正確な良否判定が最も大事ですが、不良だと判定するのはとても辛いことです。みんなが現場で一生懸命働いてものづくりをしているのに、結果として不良品が出てしまうわけですから。私が任されていた仕事は、簡単に言えば日々工場内の製造現場で発生する不具合の原因究明でした。

 ところが、不良の原因がよく分からないことがいっぱいありました。現場の人に「じゃあ、どうすればいいんだ?」と聞かれても、うまく返答ができません。その結果、「慢性不具合」や「バラツキ」などという表現にして、お茶を濁してしまうことがよくありました。もともと私自身、理屈っぽい性格でしたから、そのように原因が分からないといったケースが重なり、フラストレーションは相当にたまっていたと思います。

 トヨタに新入社員として入ると、誰もが品質管理の基礎教育を受けます。私が入った頃はA4判で100ページくらいの教材をベースに、10時間ほどの研修を受けたと思います。それこそQCサークル活動の進め方とか、正規分布はどうとかといった内容です。ですが、その程度の基礎教育では検査の技術係の実践的な仕事であまり生かせません。

 とにかく分からないことがいっぱいあって、自分に対しても腹立たしく悩んでいた時期に、上司が教え、勧めてくれたのが日本科学技術連盟(日科技連)の「品質管理セミナーベーシックコース」でした*1。いろいろな説明を聞くうちに、これは良さそうだなと思い、「ぜひお願いします」と言って申し込むことにしました。私の場合、けっこう積極的にこのコースを受けたといえるでしょうね。

*1 品質管理セミナーベーシックコース:品質管理のエキスパート養成のため、1949(昭和24)年から日科技連が開講。品質管理技術に関する深い知識と高い応用力の習得のため、多彩な講義や演習を組む。1カ月のうち連続した5日間×6カ月間で、30日間のコース。東京と大阪のクラスがある。これまで69年間で、延べ133回、3万4193人のエキスパートを養成している。

研修を受けてみて、どのような感想を抱いたのか覚えていますか?

佐々木:SQC*2の基本である統計学を、あれだけきちんと学んだ経験がそれまでになく、予備知識もあまりなかっただけに、統計とはすごいものだなと率直に感じました。最初の段階では「検定と推定」、あるいは「5%有意」などといった表現に出会い、使われる言葉や考え方自体がすごく新鮮でした。検査課の技術係を担当した私にとって、この学習はドンピシャで、うってつけだったと思います

*2 SQC(Statistical Quality Control):統計的品質管理。統計的方法を用いて品質管理や工程改善を推進する考え方。代表的なものに、QC七つ道具、検定と推定、相関分析・回帰分析、実験計画法、多変量解析法、田口メソッドなどがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら