戦後、日本の製造業は品質を重視する経営を推進し、高いグローバル競争力を実現して飛躍してきた。こうした日本の品質関連の取り組みを支えてきたのが「デミング賞」で知られる日本科学技術連盟(以下、日科技連)だ。日科技連では「お客様第一を追究する新価値創造の強化」をテーマに、「第106回 品質管理シンポジウム」(2018年5月31~6月2日)を開催する。日経 xTECHは、同シンポジウムの開催に先立ち、登壇者のインタビュー記事を連載する。今回はトヨタ自動車専務役員の佐藤和弘氏のインタビュー(中)をお届けする。(聞き手は吉田 勝)

前回(上)はこちら

――これまでのお話を伺っていると、TQMというのは、トヨタにおいて事業を考える基盤のようなものということでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]
佐藤和弘(さとう・かずひろ)
トヨタ自動車 専務役員 カスタマーファースト推進本部 本部長・Global Chief Quality Officer。1979年、トヨタ自動車工業(当時)に入社。2005年に品質保証部部長に就任。田原工場品質管理部部長、BRコミュニケーション改善室室長などを歴任し、2012年に常務理事およびカスタマーサービス領域領域長に、2014年に常務役員およびカスタマーファースト推進本部副本部長に就任。2016年にカスタマーファースト推進本部本部長およびGlobal Chief Quality Officerに、2017年4月に専務役員に就任し現在に至る。(写真:早川俊昭)

 私の思いとしてはそうです。トヨタの先人が先述のような三角形(前回)を描いているということは、トヨタの中のTQMというのは、そういう広い意味で理解されていると思います。どうすればお客さんが笑顔になるかを、全員がずっとずっと考え続ける。それがTQMです。

 そういう点では、今、IT系やベンチャー企業がやっていることは、本来我々ももう少し早く気づいて然るべきだった。その論でいくと、我々は本当に真剣にお客さんのために考えていたのかという反省はあります。それが冒頭の危機感にもつながっていくわけです。いろんなことを、まだまだ考え抜いていなかったのではないか、このままでは戦いに負けてしまうと。

 だとすると、ベンチャーやスタートアップとアライアンスを組むだけではなく、トヨタ中からもそういう新しい事業の発想が出てきてもおかしくないです。本当にそうした事業の芽を生み出せるのかというと疑問もあるかもしれません。しかし、少しでもそういう芽が出たら、これは使えるとか、これはこうすればもっと別の未来が開けるとか、そういう発想につなげていかなくてはなりません。

「俺たちはちょっと遅い」

――それにはスピード感が要求されると思います。こう言ってはなんですが、日本の巨大企業は世界的な大企業から見るとスピード感に欠けるきらいがあると思います。その点はどうお考えでしょう。

 スピードという点では、大企業はやはり遅いです。そこも、こんなスピードでは会社が潰れるぞという危機感につながっています。全然遅いぞと。さまざまなケースでスピードの遅れを感じることがあり、そこが大きな課題の1つです。

 そういう危機感を現場に実感してもらうため、他社と比較するというようなこともしています。1番分かりやすい例が身内のダイハツです。やはり、ダイハツは小回りが利く。だから、同じ事をしようとしたとき、ダイハツのほうが早いんです。

 そこで問いかけるわけです。「ダイハツさんは僕たちとおんなじことをやるのに、これだけの人数でこんなに短期でやってますよ。我々はこんなかかってるのに。どう思う?」って。そうしたベンチマークで刺激していかないと、「俺たちはちょっと遅いよね」ということになかなか気づかないですから。

 同じ自動車業界ですらそうですから、アライアンスを組んでいるITベンダーの話なんかを紹介すると、自分たちがいかにスピード感に欠けているかに気付いてくれます。やはり、他社・他業界と比較しながら話をするのが一番実感しやすいと思っています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら