2019年1月に起きた出来事をまとめた宇宙ビジネス通信をお届けします。先月も国内外で新しい取り組みが見られました。ここでは、以下の5つのニュースをピックアップしました。

【1位】Space X、次期巨大ロケットの名称を発表

 2018年末、米スペース X(Space X)を率いるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、これまで「BFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)」と呼ばれてきた、次期巨大ロケットの名称を発表しました(ニュースリリース)。BFRの上段の宇宙船部分を「スターシップ(Starship)」、下段のブースター部分を「スーパー・ヘビー(Super Heavy)」と呼ぶことにしたとのことです。

Space Xの宇宙船「Starship」
(出所:Space X)
[画像のクリックで拡大表示]

 Musk氏によれば、Starshipは将来的に他の惑星系への移動にも利用できるとのことで、さらに大胆なデザイン変更を行うことが予想されます。また、Starshipによる火星への有人飛行は、近い将来である2020年代にも実施される予定のようです。

Space XのStarship火星飛行構想
(出所:Space X)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら