食品を包装する容器として、紙器は広く用いられている。今回、食品用紙器の特許等の動向について調査を行ったところ、近年は日本よりも米国、欧州からの特許出願がリードしていることが分かった。また、市場に関しては、国内市場は飽和状態にあり、海外市場が拡大状態にあることが分かった。本稿では、上記以外の調査結果も多数紹介し、調査から判明した動向を踏まえ、今後の技術開発の方向性等に関する提言を紹介する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら