自動運転の実現に向けて、自動走行システムの開発競争は、世界的に激化している。自動走行システムの特許等の動向について調査を行ったところ、全体的に日本からの出願が多い。しかしその一方で、安全性の課題に関する出願は中国が、ダイナミックマップの情報伝達に関する出願は欧州が、物流サービスに関する出願は米国が多い結果となり、日本はこれらの海外の動向にも注意を払うべきであることがわかった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら