ディーゼル不正事件後に、日本で20年ぶりに復活したフォルクスワーゲンのディーゼル乗用車の第3弾「ゴルフ トゥーラン TDI」

 つい最近のことのように思ってしまうのだが、独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル不正事件が発覚したのは、3年以上前の、2015年9月のことだ。VWのディーゼル不正事件とは、排ガスの試験をクリアするために、違法なソフトウエアを搭載していたという前代未聞の事件だった。

事件の翌年に世界一

 その事件の余波は現在も収まっていない。2018年の6月にはVWグループ傘下のアウディのルパート・シュタートラー会長がドイツ・ミュンヘン検察当局から逮捕された。またVW自身も同じ6月に、ドイツの検察当局から10億ユーロ(1ユーロ=130円換算で1300億円)の罰金を科す行政処分を受けている。

 しかしながら、世界の自動車業界を震撼させる大事件だったにもかかわらず、業績という面から見るとVWの回復は予想以上に早かったと言わざるを得ない。事件が発覚した2015年こそ40億6900万ユーロ(同5728億9700億円)の赤字に陥ったが、翌2016年には早くも71億300万ユーロ(同9233億9000万円)の黒字を回復している(いずれもVWグループ全体の営業利益)。しかも2016年のVWグループ全体の販売台数は前年比3.8%増の1031万2400台となり、トヨタ自動車グループを上回って初めて世界一の自動車グループの座に就いたのである。

 そしてまた同事件は、世界の自動車業界が電動化へと大きく舵を切る契機となった。2018年12月6日に、VWは電動化やデジタル化、自動運転、モビリティサービスなどに、2023年末までに約110億ユーロ(同約1兆4300億円)を投資すると発表した。110億ユーロのうち90億ユーロ(同1兆1700億円)は電動化に振り向ける。これによりVWのEVは、現在の2車種から 2025年には20車種に拡大し、生産台数は100万台を超える見込みだ。

日本市場でディーゼルを発売した理由

 一方で、そうした動きに逆行するように、VWは2018年、日本市場で20年ぶりにディーゼルエンジンの搭載車を復活させた。まず2018年2月に中型セダンの「パサート」に排気量2.0L・直噴ディーゼルターボエンジンを搭載した「TDI」を設定。次いで8月にはコンパクトSUV(多目的スポーツ車)の「ティグアン」に、10月にはコンパクトミニバンの「ゴルフ トゥーラン」にも同じエンジンを搭載した「TDI」を設定した。今回のこのコラムでは、このトゥーランTDIを取り上げる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら