高収益化支援家、弁理士 中村大介

 「今度、私がビシッと言いますから」──。A社社長(以下、A社長)の数年前の発言です。コンサルタントの私が、会社全体の技術戦略を策定する必要性について説明したときのことでした。

 A社へのコンサルティングでは、技術営業の在り方について「技術マーケティング」による業務変革を進めてきました。その過程で、私は複数の社員から情報を収集したのですが、技術マーケティングの前提となる技術戦略がないことが分かりました。会社全体の技術戦略がなければ、コンサルティングをしても効果が半減します。そのため、社長との面談の際に私からA社長に水を向けたのです。A社長は、「我が社における会社全体の技術戦略は、常々、部下に対して伝えてきた」と思っているようでした。そこで、私が「技術戦略が社内にないという印象を受けたのですが…」と伝えたところ、冒頭のような反応になったというわけです。

 A社長は「私の頭の中のものが共有されていないんですね。今度、ビシッと言いますから」と言いました。しかし私は、A社長のムキになった表情に自信のなさを感じました。社長とはいえ、誰もがいつでも自信満々というわけではありません。社長とは自分の経営に結果が伴うのか、常に不安がつきまとう仕事です。自信のない状態は珍しくありません。

 経営者の自信のなさがコンサルタントの私の前で出るだけならまだよいのです。しかし、社員にも見せてしまうと、社員は社長の経営力を見透かしてしまいます。社長や上司の声が上ずっているところを見て、「ここが社長(上司)の限界だな」と感じる部下は案外多いのです。

 部下が意地悪なわけではありません。ほとんどの場合、部下は「何か足りないな」とは思いつつ、何が足りないかは分からないのです。そのため社長に進言できず、違和感を覚えながらも仕事を続けてしまうのです。

[画像のクリックで拡大表示]
筆者が作成。

問題の真因は?

 従来、A社長は社員に対して「自分の考えを伝えてきた」と言いましたが、それはどうやら伝わっていませんでした。そのため、社員の中では「当社には技術戦略がない」という理解になったのです。

 そうした中で、「ビシッと言いますから」とA社長が意気込んだところで、何かが変わることを期待できるはずがありません。A社長が長年「言ってきた」ことは伝わっておらず、「言ったつもり」になっていることです。問題なのはA社長が「つもりの人」だということなのです。

 コンサルタントの私も、社長に「ビシッと言いますから」と言われれば一瞬ひるんでしまいます。普通なら「そうですか。では、お願いします」となるところですが、社長の表情と社員の声を考え合わせると、そうはいきませんでした。

 問題の真因は、「伝わっていない」状態にあることを社長が認識していないことにあります。正確には、「言えば伝わる」と思っていることです。A社は大企業ではありません。しかし、会社の規模が小さくても、今回のように上層部が意図したことが伝わっていないことはよくあるのです。