[画像のクリックで拡大表示]
國井 良昌=國井技術士設計事務所 所長

 次のような質問が私の事務所に寄せられました。

【質問28】
 先生が「ゼロ戦」ファンと知りました。先生の書籍にも何度かゼロ戦が設計事例として掲載されていますね。私もファンの1人で、さまざまな展示場や資料からゼロ戦の企画書と設計書を探したのですが、見当たりません。先生がご存じでしたら、教えてください。

 この質問に対する私の回答はこうです。

【回答28】
 困りましたね。まず「零式艦上戦闘機(零戦)」は、ゼロ戦(ぜろせん)ではなく、「零戦(れいせん)」と発音しないと、ファンからは白い目で見られるかもしれませんよ。もう1つ困ったのは、私のコラムは若手技術者の育成をモットーとしたコラム故、戦闘機の話題を取り上げてよいものかどうか悩むことです。でも、実は戦闘機は設計者が設計思想を学ぶのに格好の題材です。そして何より、私は零戦を含む航空機ファンです。ということで、今回は特別に協力したいと思います。

 第二次世界大戦で活躍した我が国を代表する戦闘機は、零戦や「紫電改(しでんかい)」、「雷電(らいでん)」、「隼(はやぶさ)」、「飛燕(ひえん)」、「疾風(はやて)」などです。代表する戦艦には「大和(やまと)」や「武蔵(むさし)」、「長門(ながと)」、「陸奥(むつ)」などでしょう。これらに関しては、年齢に関係なく根強いファンが存在しています。なんと、海外にも存在します。戦闘機ファンの共通点に、その性能や機能美に魅力を感じていることが挙げられますが、加えて、声を大にして言いたいもう1つ大きな共通点があります。それは、「戦争には絶対反対!」ということです。

 以下、図1に示す零戦やその企画や設計関係に絞って執筆します。しかし、世の中にはどんな分野にも信じられないくらいの情報通の人がいるので、そういった人からするとなんて初歩の情報だと思われるかもしれませんね。そこは、ご了承ください。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●零式艦上戦闘機(零戦)(國井技術士設計事務所製作)

零戦の企画書

 図2は、本コラムのシリーズで何度か掲載している「商品の設計フロー」です。

[画像のクリックで拡大表示]
図2●商品の設計フロー

 図中の1番左に位置する「製品企画書」に注目してください。

 以降、筆者が各種の資料をまとめて作成した「零式艦上戦闘機(零戦)」の企画書(計画要求書)です(図3~5)。実際に作成したのは、大日本帝国海軍航空本部です。

[画像のクリックで拡大表示]
図3●零戦の企画書(その1)
[画像のクリックで拡大表示]
図4●零戦の企画書(その2)
[画像のクリックで拡大表示]
図5●零戦の企画書(その3)

 国内にはどこを見渡しても非力なエンジンしかないのに、世界最高速度、同じく世界最高航続距離、世界最高高度の要求。さらに、「7.7mmの機関銃の他、20mmの機関銃まで装備したい」という矛盾だらけの要求でした。現在で言えば「何でもあり」の戦闘機を、当時の海軍が企画したのです。「何でもあり」というのは、現在の日本製品の諸悪の根源ですね。例えば、家電製品や携帯電話、自動車、特に軽自動車は1つのワードでくくれます。それは、「ガラパゴス」です。