閉じる

工場力強化の達人 古谷賢一の強い工場の育て方

日経 xTECH

目次

  • マクロ改革とミクロ改善の「二刀流」のススメ

    第34回 生産現場の改善力向上の秘訣

     工場を大きく2つのパターンに分けると、手元足元のポイントを改善する「ミクロ改善」検討が好きな工場と、やや俯瞰的に見て「うちは全体の改善を行っている」と感じたい「マクロ改革」検討が好きな工場に分けられる。

  • なぜ、できる会社ほど「できていない」と言うのか?

    第33回 工場の成長を止めるもの

     年間50~100といった数の工場を10年以上にわたって見続けてきた。私は工場に行くと、必ず「ものづくりの基本が現場から薄れているのではないか?」と問題提起するのだが、これに対する反応に明確な傾向がある。

  • 工場ではトラブルを憎み人を憎まず

    第32回 3現主義と4M管理

     トラブルが起きた際の対応策として、「犯人捜し」のレベルにとどまっている工場を多く見掛ける。だが、重要なのは、トラブルの「Why(なぜ発生したのか?)」と、「What(何が原因か?)」である。これらをきちんと追求せずに「Who(誰のミスか?)」だけにこだわって犯人を捜し、その人を罰して(すなわち、指…

  • 膨大な損失を生んでいる設備保全の軽視

    第31回 設備保全とは何か

    設備が正しく動作しなかったり所定の能力を十分に発揮できなかったりすると、工場の生産計画を100%達成することが難しくなる。予定コストの超過や納期の遅延、そして品質の悪化などの問題が発生するからだ。そうならないように設備を維持管理することが「保全(設備保全)」である。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る