[画像のクリックで拡大表示]
古谷 賢一=ジェムコ日本経営 本部長コンサルタント、MBA(経営学修士)

 工場管理の基本は「見える化」である。これは自明の理だ。品質やコスト、納期、安全など、あらゆるものを見える化して定量的に把握することで、初めて異常や品質改善、コスト改善などの活動の成否が分かる。工場管理は計画を100%遂行することが肝要であり、そのために日々発生する問題を解決していく。しかし、残念なことがある。せっかく「見えている」にもかかわらず、「気づいて行動する」ことにつながっていない場合が多いのだ。

 分かりやすい例を紹介しよう。ある設備の異常を示すランプが点灯していたとする。その設備を見れば赤ランプが点灯しているのが視界に入るはずだ。だが、意識して設備の異常を探しているのではなく、ただその設備を漫然と見ていただけでは、たとえ赤ランプの点灯が視界に入っていても、意外とランプの点灯には気がつかないことがある。これが「見えている」ものの、「気づけていない」ということだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つ例を紹介しよう。実験を行っていて、あるときに異常なデータが得られたとする。例えば、下の図のような場合だ。これは、時間ごとの「特性X」のデータを測定していたところ、想定では値が「54前後」だったのに、「12時」のデータだけ「45」と異常に低い値となっているケースだ。ところが、明らかにデータとして異常値が出ているにもかかわらず、この異常値に対して原因を追究しようとしないことがある。「これは測定ミスだろう」とか「13時に測定した値には異常がないので、何かの手違いだろう」などとは考えないのだ。「見えている」ものの、「気づけていない」ため、適切な行動につながらないのである。

[画像のクリックで拡大表示]

強い工場づくりのポイント

 強い工場は、体裁の良い見かけだけの「見える化」には興味を持たない。常に事実が「見えて」おり、「気づけている」か否か、さらに「気づいたことを行動につなげているか否か」に注意を向けている。例えば、工場での表示などが「見える」ようになっており、それに常に「気づける」ように、表示類の確認は具体的な行動として標準作業の中に組み込んでいる。異常に気付いた場合は、直ちに所定の行動に着手するように教育や訓練が徹底されている。

 それだけではない。強い工場は事実が本当に見えているかどうか、常に厳しい眼で追及している。実験データの異常値や想定外の結果、生産現場で耳にした気掛かりな点など、ほんの些細(ささい)な気づきでも全てを記録し、誰もが分かるようにその内容を共有する。そして、その原因を徹底的に追究している。

 ものづくりに携わる人間が忘れてはならないのは、「3現主義(現場・現物・現実)」だが、「見えて、気づいて、行動につなげる」ということは、この3現主義を徹底することに他ならない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら