[画像のクリックで拡大表示]
伊本貴士=メディアスケッチ代表取締役 兼 コーデセブン CTO、サイバー大学客員講師

 前回は自動運転がデビューする年になるという話をしました。また、今後自動車は、ハードウエアの性能ではなく、自動運転の精度や自動車を利用することに付随するサービスで差異化するという話をしました。実際に、トヨタ自動車とソフトバンクとの提携など、さまざまな動が活発化しています。

 トヨタ自動車が2018年に発売した新型「クラウン」は、「T-Connect」というサービスに対応しています。このサービスは、音声でオペレーターとつながることが可能です。運転中にオペレーターと話ながら近くの飲食店やトイレなどを探したり、目的地としてナビゲーションシステムに登録したりするサービスです。

 今は人間のオペレーターが対応していますが、近い将来は人工知能が対応するようになると思います。

 このように、クルマがネットワークにつながることにより、現時点では想像もしないようなサービスが2019年以降に次々と登場するでしょう。これらは、まだ競合が存在していない新たに構築されるブルーオーシャン(競争のない市場)のビジネスです。大手だけではなく、中小企業やベンチャー企業にも勝機があります。

 例えば、クルマ中で人の声を聞き分けるニーズ。発した声が運転手の声か、助手席の人の声か、後部座席の人の声か。これらを聞き分ける装置を創ると、今後クルマにおける音声認識の必要性が高まるにつれて、大きな需要が生まれると思われます。

部品メーカーは存亡を懸けた勝負することになる

 2019年に最も窮地に立たされるのは、自動車部品メーカーではないでしょうか。大手自動車メーカーが海外生産にシフトしていると同時に、近い将来、電気自動車が主流になると、自動車を構成する部品の数は大幅に減ることになります。そうなるとかなりの数の部品メーカーが淘汰されると思われます。実際、こうした懸念から、私もいくつかの部品メーカーから今後の戦略について相談を受けています。

 どうすればよいのかについては、その企業の特徴や特性を考慮しなければならないので一概には言えません。しかし1つ言えるのは、今後は人間ではなくソフトウエアが自動車を制御するようになるということです。

 ソフトウエアが制御すると、短時間にさまざまな緻密操作を短時間に行うようになるため、それに合わせた部品づくりを行う必要があります。またそれぞれの部品に対して、劣化を検知できる仕組みが求められるようになると思います。加えて、電力消費を抑えるための工夫が施された部品の需要が増えるでしょう。

 このように、「未来の自動車」がどうなるかを考えると、自社が扱っている商品の「あるべき姿」が見えてくるのではないかと思います。しかし、それで終わりにしてはダメです。「自社の技術を自動車以外の分野にも生かす」という広い視野で戦略を立てることを勧めます。自動車メーカーから言われた通りに同じことを一生懸命やっていれば企業は存続できるという時代は終わっているのです。