日本の取引所はハッカーに狙われる可能性大

 今、ビットコインなどの仮想通貨は売買による利益を得るためのものとして普及しています。ただ、今後はそれ以外にも、法人同士の取引や、海外送金のための通貨として利用され、社会に新しい仕組みを提供すると期待されています。

 従って、仮想通貨に関してあまり安易に規制する方向で進めることには私個人としては反対です。ただ、取引所に関しては実際に事件が発生している以上、かなり厳重なセキュリティー管理を行うように一定のルールを設けなければならないでしょう。

 実は、コインチェックの事件以降、取引所に対して金融庁が相当厳重に審査および指導を行っています。それでも新たな事件が発生してしまったのです。

 今後は、より具体的な対策を義務づけたり、定期的に第三者によるシステム内部も含めた監査を受けたりするなどの強化が必要になると思います。

 また、業者だけではなく、管理に関わる技術者にも免許としての効力を持つセキュリティー専門家としてのライセンスが必要かもしれません。現在でもセキュリティーの資格はありますが、免許にすれば事故を起こした場合、定期的に更新する必要があり、場合によっては取り消しも可能になります。

 実は、日本は世界有数の仮想通貨取引国です。ということは、これからも世界中のハッカーが日本の取引所を狙う可能性があるのです。