ものをくっつけると聞いて身近に思い浮かべるのは、文房具のスティックのりではないでしょうか。これは接着という接合方法で、この他にも溶接、ろう付け、リベット、はめあい(圧入)、ねじ締めなどさまざまな接合方法があります。それぞれ一長一短があり、溶接は金属同士を熱で溶かして金属結合するため、最も接合の信頼性が高い加工法です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら