西村 仁
ジン・コンサルティング 代表、生産技術コンサルタント

 今回は穴開け加工を紹介します。穴を開ける目的は、ねじ固定の「ねじ穴」の他に、軸との「はめあい穴」や、他の部品との干渉を避けるための「逃げ穴」、旋盤加工での「センタ穴」があります。部品同士を接合するには、ねじ固定の他に、溶接やろう付け、リベット、接着といった方法がありますが、これらは一旦接合すると外すには破壊するしかありません。一方のねじ固定は、唯一脱着が可能な接合方法なので広く使われています。

 2つの部品をねじ固定するには、一方にボルトを通すための穴を開け、もう一方には穴を開けてからめねじを加工します。これらの穴開けにはドリルと呼ばれる工具を使用します。ドリルの先端は118°の角度を持った切れ刃になっており、これをボール盤に取付けて加工します。実際にドリルを手にしてみると、ドリル側面のらせんも鋭利なので、切れ刃と思いがちですが、側面は加工のガイドの役割をしています。

 ドリルで開けた穴は「きり穴」と呼び、図面には「キリ」で指示します。例えば直径5mmのきり穴は「5キリ」となります。ここで「Φ5」と「5キリ」の違いを確認しておきましょう。「Φ5」は加工方法や加工工具は加工者に一任し、加工後の穴径が直径5mmであることを意味します。これに対して「5キリ」は、直径5mmのドリルで穴を開ける指示です。すなわち5mmは穴径ではなく工具径を意味しており、加工した穴径は材質や部材の厚みによって異なりますが、おおよそ0.1mm前後大きく開きます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら