これまで材料について、大局の視点で伝えてきました。他の分野と比べて、材料知識の習得は難しいと思います。そもそも種類が膨大なので、勉強しようとする時点で億劫(おっくう)になってしまいます。また、「材料は目で見ても分からない」ということが理解を妨げる原因の1つになっています。鉄鋼材料かアルミニウム材料かは、光沢や持ったときの重さなどで分かります。銅材料も色で判断できます。でも分かるのはここまで。S45CとSS400の違いや、A5052とA6063の違いとなると、見ても分かりません。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら