[画像のクリックで拡大表示]
皆川一二氏=元デンソー、ワールドテック講師、愛知工業大学工学部機械学科非常勤講師、小松開発工業顧問

 品質問題の頻発に悩む日本企業が増えている──。こう語るのは、デンソーの開発設計者出身で、トヨタグループの品質スペシャリスト「SQCアドバイザー」も務めた皆川一二氏だ。「技術者塾」において講座「品質完璧マスターシリーズ」の講師を務める同氏は、かねて日本企業の品質力の低下に警鐘を鳴らしてきた。ところが、事態はさらに深刻さを増しているという。日本企業に今、何が起きているのか。同氏に聞いた。(聞き手は近岡 裕)

品質の専門家の立場から、日本企業の品質は「綱渡り状態にある」と警鐘を鳴らしてきました。予言通りと言うべきか、2017年後半から品質偽装問題が続発し、製造業だけではなく社会を騒がす問題となっています。日本企業の最近の品質についてどう見ていますか。

皆川氏:「綱が切れそうで渡れない」というのが、率直な感想です。決して大げさな表現ではありません。これまでいろいろな会社を指導してきましたが、誰もが名を知る大手であっても、社内のあちこちで品質問題が頻発している企業があるというのが実態だからです。むしろ今、品質について自信があるという企業の方が少ないのではないでしょうか。

 でも、それは当然です。品質の向上や維持のために必要な施策を実施していない、すなわち、品質手法を使っていないのですから。

 こう言うと、「いや、うちはやっています」と反論する企業があります。ところが、よく聞くと形だけになっている。例えば、FMEA(故障モード影響解析)。資料を確認すれば形骸化していることは一目瞭然です。FMEAの資料を見ると、不具合モードまでは書かれているものの、不具合の原因を防ぐにはどうしたら良いか、また、どのように評価したかについての記述がない。それなのに(発生頻度や影響度合い、危険度合いなどを表す)点数だけは記入されている。これは、中身を十分に議論して判断を行っていない証拠。つまり、形だけのFMEAを実施しているというわけです。

なぜ、形骸化しているのでしょうか。

皆川氏:本当に必要だとは思っていないのでしょう。そう思ってしまう理由は、何のためにFMEAを実施するのかを理解していないからです。そうした企業は、顧客が取り引きの条件にしているからFMEAを実施しているだけで、本音では「面倒くさいことをやらされている」と感じているのではないでしょうか。

 言うまでもなく、FMEAは品質トラブルを未然に防ぐために実施するのです。それを知らずに、もしくは忘れて、顧客と取り引きするために形だけ整えておくというわけです。FMEAに限らず、品質手法は「何のために実施するのか」を最初に学ばなければなりません。

 私は最近、「一言で言うと、何ですか?」と質問するようにしています。すると、相手の理解度だけではなく、品質手法の「本質」が伝わるからです。